沿革

1995年10月4日にデジタルクリエイターに特化した人材ビジネス企業として設立されました。

1995年 10月人材ビジネス事業として株式会社デジタルスケープを東京都千代田区に設立
1999年 2月人材紹介業を開始
1999年 11月本店所在地を東京都渋谷区に移転
2005年 3月プライバシーマークを取得
2005年 10月株式会社マルチビッツ(現:ソリューション事業本部 エンタープライズ部 撮影ソリューショングループ)を子会社化
2009年 5月株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス(現:IMAGICA GROUP)の連結子会社となる
2009年 10月子会社バウハウス・エンタテインメント(現:制作事業本部 ビジュアルデザイン部 3D東京スタジオ)を合併 東京都渋谷区に桜丘スタジオを開設
2011年 6月コンシューマゲーム等のデバッグサービス事業を開始(現:サービス事業本部 QAサポート部 大阪テストスタジオ)
2014年 11月サービス事業本部 QAサポート部 東京テストスタジオ開設
2020年 3月サービス事業本部 QAサポート部 新潟テストスタジオ開設
2020年 7月制作事業本部 ビジュアルデザイン部 3D大阪スタジオ開設
2023年 4月株式会社IMAGICA GEEQとしてゲーム事業を本格開始
本社所在地を東京都千代田区に移転
2024年 1月UNIVERSALLY SPEAKING LIMITED(本社:英国)と業務提携契約を締結
3DCG・2DCG制作、QAサービス等の各サービスにおけるブランドを “IMAGICA GEEQ” に統一
2024年 2月IMAGICA GROUP(当社株主)がアプシィ株式会社の株式を取得し子会社化